橋本住建の住まいのこだわり

橋本住建は、技術にこだわり、地元にこだわり、お客様の快適な住まいにこだわります。

橋本住建の住まいのこだわり

自社大工にこだわり、日本古来の伝統と最新の技術を組み合わせた家造りをお届けします。

橋本住建の住まいのこだわり

備後に根ざし、備後の住宅事情を知り、人と人とのつながりを大切にし、決めこまやかな対応のできる地場ビルダーです。

橋本住建の住まいのこだわり

健やかに暮らせるかどうか、大切な家と住む家だから、心から安らげるような家にするために、橋本住建は通気断熱WB工法を選びました。

通気断熱WB工法

長く暮らす家だから、

橋本住建は通気断熱WB工法を選びました。


通気断熱WB工法は、家の構造から健康・省エネ・耐久性を実現した理想的な家づくりです。

人間で例えれば、冬はダウンジャケットを着こみ、夏は半袖でクールビズ。
季節によって「通気性」と「断熱性・気密性」を衣替えできるのがWB工法。

そして壁は土壁のような原理で、室内の湿気・ニオイ・化学物質を逃がしてくれるので、いつでもクリーンな空気で生活できます。

長く暮らす家だから、  橋本住建は通気断熱WB工法を選びました。

  進化した在来工法

伝統的な日本建築に独自のしくみを組みこんだ家づくり。それがWB工法です。木の恩恵を最大限活用した家づくりなのです。

  自然な通気

壁体内に設けた通気層によって、家自身が呼吸しているような自然な通気を実現。日本の厳しい気候にも、通気をコントロールして快適な住環境を生み出します。

  透過のチカラ

透過のチカラは、伝統的な家づくりの土壁からヒントを得た技術です。室内の化学物質や臭いは、湿気とともに壁を透過して屋外に排出されます。

  健康を考えた住まい

WB工法ならシックハウス症候群の心配はありません。自然な通気と透過の力によって、有害な化学物質も室内にこもりません。

  設計自由度

WB工法には、設計における制約がほとんどありません。ライフスタイルに合わせた、こだわりの家づくりができます。

  高い耐久性

WB工法は日本風土に最も適した日本建築をもとにしています。そのため耐久性も抜群。木による丈夫な骨組みと優れた湿度能力で、地震や湿気には負けません。

  省エネ住宅

WB工法は、自然な通気で、夏冬の冷暖房費を大幅に削減。さらに透過のチカラのおかげで、機械換気も必要ありません。自然に近い快適な暮らしもWB工法の魅力の1つです。

「 通気断熱WB工法 」の特徴

特徴その1「壁の中の通気性」

~エアコンをそれほど使わなくても夏過ごしやすい家~

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気も家にこもりません。
湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも丈夫に保つことができます。

特徴その1「壁の中の通気性」

特徴その2「気温に反応する形状記憶合金」

暑くなったら服を脱ぎ、寒くなったら服を着こむ。
人はそうやって季節に応じた服装をしています。
家も同じように、季節に合わせて衣替えすることができるのです。

特徴その2「気温に反応する形状記憶合金」

WB HOUSEは、各通気口に、気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。
気温に応じて通気口が自動的に開閉する発想により、家も人と同じように衣替えができるのです。


特徴その3「気密性と断熱性」

形状記憶合金で通気口から冷気を遮断し、冬の冷え込みを抑えます。
壁の中に空気の層ができて、家の中の気密性を断熱性がアップします。

特徴その3「気密性と断熱性」

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。
壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなり断熱性がアップします。
熱の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。


特徴その4「湿気を通す壁」

土壁の原理を応用し、臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を通過。
換気システムに頼らなくても、深呼吸したくなる結露しない家が実現します。

特徴その4「湿気を通す壁」

室内の有害な化学物質や生活臭は、湿気とともに透湿性の壁を透過して、屋外へ排出されます。
機械による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます(厚生労働省指標値0.08ppm)。
余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。室内は常にクリーンな空気で保たれます。


ZEHへの取り組みについて
WBHOUSE施工事例はこちら
WBHOUSE